【ラオス】クリスマスイブのガラディナーに参加した。

東南アジアのリゾートホテルに散見される、謎ワード「 ガラディナー」。

クリスマスイブや大晦日にホテルがパーティーするから来てね、というイベントですが、宿泊客に選択権はなくあらかじめ宿泊費に組み込まれている場合が多く(いちおう参加自体は任意)、知らない人にとっては恐怖というか、場合によっては理不尽なイベントです。

12月24日に宿泊していたルアンパバンのアンサナ・メゾン・スバナポン(Angsana Maison Souvannaphoum)。そもそもホリデーシーズンで高騰しているのもあって、宿泊費はディナー代込みで普段より1万円くらいお高め。参加費だけ払うのもなんなので、参加してきました。 “【ラオス】クリスマスイブのガラディナーに参加した。” の続きを読む

【シンガポール】神スイーツ:味香園のスノーアイス

チャイナタウン駅そばにある甘味処、味香園。

ふわふわで甘過ぎない、口溶け柔らかなスノーアイス。キーン!と来る感じがありません。韓国のパッピンスともフィリピンのハロハロとも日本のものとも違ったかき氷。 “【シンガポール】神スイーツ:味香園のスノーアイス” の続きを読む

【シンガポール】チャンギ空港TGM+ダイナースで豪華和定食をゲットした

東南アジアの近未来。チャンギ空港。
世界最低空港に何度も輝いているマニラのニノイ・アキノ空港からLCC使って飛んでくると、時空を越えてきたかと思うくらい何もかも清潔で整っている。床がカーペットで、私はここでゴロ寝して一夜を明かせるんじゃないかと思う。(マニラだと変な液体とかこぼれていて、床を触る気にもなりません。)

チャンギ空港はダイナースクラブカードを使って入れるラウンジが沢山ありますが、今回はターミナル2のTGM(The Green Market)に初めてお邪魔しました。 “【シンガポール】チャンギ空港TGM+ダイナースで豪華和定食をゲットした” の続きを読む

【シンガポール】マックスウェルフードセンターは11時台に行くのがオススメ。

「エスニック美食の国」シンガポールのホーカーと言えば、チャイナタウンのマックスウェルフードセンター。
定番ですが有名どころの「天天海南鶏飯(営業時間:10:30-20:00)」と「真真粥品(営業時間:5:00-14:00)」はどちらか1つに選ぶことなんてワガママなことはできませんので、事前に予備の胃袋を準備してどっちも食べましょう。 “【シンガポール】マックスウェルフードセンターは11時台に行くのがオススメ。” の続きを読む

【ベトナム】Le culbの昼と夜の顔

ソフィテルレジェンドメトロポールのバー「Le culb」はホテルの中庭に位置します。(入り口はヒストリカルウイング側にあります)バイクの喧噪も聞こえてこず、ベトナムというかアジアにいるのが信じられないくらいの穏やかな異空間。白い建物と、中庭の豊かな緑の対比も美しい。ホテルに宿泊しなくても「Le culb」だけ訪れる価値があると思います。のんびり読書するのにぴったり。 “【ベトナム】Le culbの昼と夜の顔” の続きを読む

【日本】築地市場場内の寿司大に並んだ

10月中頃、所用で母国の日本に一時帰国していました。
どうしても行きたかったのが、築地市場場内の寿司大。 何年か前に東京のど真ん中で働いていたときに、深夜に作成中の資料を保存せずに消してしまってわーっとなってしまったときに12月の極寒のなかで勢いで並んでいた、思い出の詰まったお店です。(どんな思い出。。) “【日本】築地市場場内の寿司大に並んだ” の続きを読む