【ラオス】世界遺産のお姫様のお屋敷、ヴィラ サンティホテル

ルアンパバンで宿泊したホテルです。いわゆるコロニアル調で、もともとルアンパバン王朝のお姫様カムパー皇女のお屋敷だった、いとやんごとなきホテルです。世界遺産の街並みのど真ん中で観光にも便利です。

築100年以上の歴史ある建物なので、だいぶ古い!し、(日本人の感覚に耐えうるレベルの清潔さはある。)同地域の他のホテルに比べ宿泊費もお高め(私が宿泊したときはクリスマスシーズンだったこともあり、2泊で3万円弱。)ですが、クラシカルな雰囲気が好きならば絶対気にいると思う。外資の入っていない、地元のホテルです。

朝食はホテルの2階で。レストランの朝食メニューから好きなものを選べ、毎日アジアンメニューの麺セット(メニューには8USDと書いてあった)ばかり食べていました。屋外席なら目の前のサッカリン通りが托鉢ルートなので、世界遺産の神々しい朝の光景を眺められながらごはんを食べれます。旅の朝に素敵な光景を眺めながらゆったりコーヒー飲む時間は本当に尊い。南国のフルーツ盛りも尊い。麺、普通に美味しくて、朝から食べ過ぎた。

ヴィラ サンティホテルの気づきの点は以下の通りです。
〇空港送迎は10USD。チェックイン時にフロントで申し込みました。
〇スタンダードルームは、フロント棟から道を渡った向かいにあります。
〇本館のお部屋はレベルの高い部屋のみです。
〇バスタブがあり、お湯もでましたが、時間によっては水しか出なかった。
〇エレベーターはありません。重い荷物があるときは1階のお部屋をお願いしましょう。
〇階段は急です。
〇隣が小学校なので、昼間はややうるさい。
〇レンタサイクルはありません。
〇目の前の通りで托鉢みれます。待機時間は季節によって変わるのでフロントで確認しましょう。
〇ホテルで托鉢セットを申し込むと30USDといわれました。(個人的には申し込む必要はないと思います。托鉢見学時にその辺にいる客引きのおばちゃんに捕まろう。)
〇向かいにある屋台のカオソイが尋常じゃない美味しさです。
〇フランス料理屋Le elephantが近くです。

ヴィラ サンティ ホテル(Villa Santi Hotel)
住所:Royal Sakkarine Road Ban Wat Sene, PO Box 681, Luang Prabang,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です