【ラオス】フランス料理Le Elephantを全力でオススメします

元フランス領のラオスは、フランス料理がおいしい!しかも異常に安い。ルアンパバンに滞在するなら、フランス料理を食すべきです!(キッパリ!)

訪れたのは、老舗フランス料理店のLe Elephant(レ・エレファント)。ラオス料理も置いてある模様ですが、ここはフランス料理で!(キッパリ!)

注文したのはMENU DE SAISONというコース。チョイスできる3品です。

〇Lao spinach quiche and green salad
ほうれん草のキッシュ。チーズがとろけて、最初のお皿から後に引きずる幸福感。ふかふかな食感。
付け合わせのパンも元フランス領だけあってさくっとしていておいしく、このパンとワイン/コーヒーで1食として十分満足できるレベル。おかわりを連発する。

〇Fillet of tilapia (mekong perch), tartar sauce served with sauteed potatoes and vegetables in butter
ティラピアは淡泊な川魚。魚の下に配置されていた濃いめのタルタルソースによく合う。赤の物体は何だったんだろう?

村上春樹さんの紀行文集「ラオスにいったい何があるというんですか?」でメコンフィッシュに関する記載(朝市でメコンフィッシュの実物を見て驚いたのくだり)があり、メコンフィッシュ、と記載があるだけで心惹かれるハルキスト・マジックにかかっていたためのチョイス。

〇Creme Caramel
まさしく日本のカスタードプリンそのもの。堅めの食感。ラオスで日本の味に出会えたことに感動。

このコースで、165000kip、日本円で約2200円。この値段だと、日本ではちょっと奮発したランチくらいですが、こちらではしっかりフランス料理のコース。日本だと6000円はかかるのではないかと思います。ちなみに、一番安いシェフのオススメコース(TODAYS SPECIAL)で100000kipでした。

ルアンパバンに行った友人達が口をそろえて絶賛する人気店だけあって、(そして、私も大絶賛します!)予約は必須です。私が来訪時も満席でした。

フランス料理店なのでひとりで行くと寂しいですが、そんな感情どうでもよくなるくらいおいしい。今までの東南アジア旅行で訪れたレストランの中でも指折りのすばらしさです。ここで食事をするために、またルアンパバンに戻ってきたい。

Le Elephant
住所:Ban Vat Nong, Luang Prabang 0600, Laos

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です