【ラオス】カオソイのおいしさに絶句した

ラオス以外の国では見かけないラオス料理。
今回現地に行って初めて食しました。

ラオス語がぺらぺらレベルで仕事にするくらいに人生をかけてラオスを愛する知り合いに猛烈にオススメされた、ルアンパバン名物「カオソイ」。

食べたのは、ルアンパバン市街のど真ん中、ヴィラサンティホテル真向かいの露店。軒先で食べるスタイル。
サッカリン通り沿いで店名、営業時間は分かりません。英語もあんまり通じなさそうですが、メニューはカオソイのみなので注文は椅子に座っただけで問題なくできます。朝の10時半くらいに私が訪れたときは地元客、観光客が半々くらいでした。

付け合わせのハーブ、米麺、スパイシーな肉味噌。さらっとだし汁は脂っぽさがなく、ついつい飲み干してしまう味わい。ベトナム料理のフォーをより日本人の口に合うようにアレンジされたような印象を持ちました。
最初は肉味噌がのっかってない部分のスープを飲み、その後肉味噌をかけると、2度おいしさを味わえる。卓上に唐辛子やら調味料が置いてあって、自分で味付けを変えながら食べるものだと、隣の客が教えてくれた。こういう、自分で調味文化はベトナムっぽい。試した結果の私のオススメは、かぼすのような柑橘類。味を変えながら飽きずに完食できた。

東南アジアで食べた料理の中で、指折りのおいしさ!
しかもこれで1杯15000kip(約200円)と安い!家の近くにお店があれば、週10位で通いたいです。胃袋の許容量の関係で、ルアンパバン滞在時に沢山食べられなかったのが本当に残念。

ラオス料理はその立地上タイ、ベトナム、中国の食文化がミックスされたものだそうで、それぞれの文化のいいところ取りで日本人の口に合うと思います。カオソイは特に辛さが日本人好み。
ラオス料理屋、もっと日本にできればよいのに。流行ると思うんだけどな。

ちなみに、タイのチェンマイのカオソイ(こちらはカレーラーメンのような料理)とは全くの別物。次はチェンマイのランタン祭りコムローイに行ってみたい。

ヴィラ サンティ ホテル(Villa Santi Hotel)
住所:Royal Sakkarine Road Ban Wat Sene, PO Box 681, Luang Prabang,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です