おススメ映画5選+α 2017年に観た映画より

アイキャッチはルアンパバンで出会ったネコです。カワイイ。ラオスは犬ネコがみんなフクフクしていて、人懐っこかった。

全く年の瀬感のない東南アジアに生息していますが、2017年もあと数日ということでまとめ記事です。

どこかを旅するごとに1本ずつ映画鑑賞するのを習慣にしているのですが、2017年は26本の映画を鑑賞しました。
この中で、全力でオススメしたい作品厳選5本+αは以下の作品です。
(これらの作品は優劣つけ難く、見た順で記載しています。)

〇南極料理人
堺雅人さん主演の料理映画。登場する食べ物がもれなく美味しそう。南極観測隊員の日常にくすっとするとともに、最後のシーンでその時その場所で過ごす時間のかけがえのなさが表現されていて思わず泣いた。

〇カラスの指
阿部寛さん主演のThe邦画。村上ショージさんのテンポも良いね。詐欺師集団が悪に立ち向かうというありきたりな内容なのかなと思っていたら、最後の最後でほろっとさせられる展開がお見事でした。

〇テルマエロマエ
阿部寛さん演じるローマ人風呂設計士が現代の技術に触れてまじめに驚くのに笑いが止まらなかった。とにかく笑える映画で落ち込んだ時に観るとよい。
日本人がローマ人を演じていて、よくもこれだけ濃い顔の俳優さんを揃えたなと、映画制作陣に敬意を払わずにはいられません。(映画公開当時、ガタイがいい男性のニックネームは「テルマエさん」率が高かった気がする。。)

〇海月姫
菅田将暉さんの女装男子が神がかっていた。女性として勝てる気が全くしない。尼ーズ軍団の漫画原作再現率もクオリティが高すぎなのと、女優さんの無駄使いに笑いが止まらなかった。(池脇千鶴さんや篠原ともえさんは最後まで気付かなかった。)人との出会いやきっかけ(この映画の場合はオシャレ)で前向きに人生が変わっていく映画は気分が上がって良いね。

〇プラダを着た悪魔
恋に仕事に頑張る女性が、オシャレと出会ってパワーアップする、前向きな気分になれる映画。その反面、仕事で忙しくなるとプライベートが崩壊してく、、というのはいつの時代にも共通する悩みなのかな。
もう10年以上前の映画だけど、ファッションが全然色褪せていなくてすごい。Beforeアンディやノーメークなミランダのイケていない感じもお見事でした。
英語学習のため何十回と見ましたが、日常英語、ビジネス英語バランスよく盛り込まれていて、Theアメリカ英語+エミリーのイギリス英語も体感できる。場面、ファッションもこだわりが感じられて何度見ても飽きない。ニューヨークとパリに行きたくなる。

〇(+α)ドラマスペシャル 私に運命の恋なんてあり得ないと思っていた
正確には映画じゃないけどすごく良かった。ベタで直球のストーリーにハマった。美しいシュチエーションとかファッションも素敵で繰り返し観た。偏屈な男性を演じさせたら高橋一生さんの右に出る者はいない思う。(民王とか、おんな城主直虎とか。)

2017年は、ここ数年話題になったけど見る機会がなかった邦画を中心に観ました。旅しながら観ると思い出が2倍になって良い。これからも続けたい習慣。

2018年は、旅行する土地を舞台にした映画と、国内外のいわゆる「名作」を攻略しようと考えています。

2017年にみた全映画リスト
大奥〜永遠〜
南極料理人
宇宙兄弟
箱入り息子の恋
クヒオ大佐
鍵泥棒のメソッド
その夜の侍
パッチギ
カラスの親指
小さいおうち
君の名は
ヘルタースケルター
セカンドバージン
ひまわりと子犬の七日間
明烏
高速参勤交代
清須会議
ツレがウツになりまして
テルマエロマエ
テルマエロマエ2
海月姫
セトウツミ
ドラえもん
殿利息でござる
アンダルシア
ドラマスペシャル 私に運命の恋なんてあり得ないと思っていた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です