【シンガポール】神スイーツ:味香園のスノーアイス

チャイナタウン駅そばにある甘味処、味香園。

ふわふわで甘過ぎない、口溶け柔らかなスノーアイス。キーン!と来る感じがありません。韓国のパッピンスともフィリピンのハロハロとも日本のものとも違ったかき氷。昨年初めてシンガポールを訪れた際は美味さに感動し、毎日1日2回通っていました。そして今回のシンガポール旅行でももちろん再訪です。

〇チェンドル
見た目がアグレッシブ過ぎる東南アジアを代表するスイーツ。日本では見たことがないというか、まず外観が受け入れられないと思います。なにこの緑色の物体。

ココナッツベースのかき氷で、緑色の物体はパンダンリーフ(ニオイタコノキ、薬草みたいな効果があるそうな(詳細不明))と米粉でできたゼリーなのだそう。カヤジャムと似たような成分ですね。見た目に反して普通においしいです。(ココナッツのクセはあります。)黒蜜をかけていただきます。

チェンドルは、マレーシアではプレーンなかき氷にココナッツミルクをかけたものであるのに対し、こちらシンガポールの味香園ではココナッツミルクを凍らせてかき氷にしたものだと思われる。進化版。

〇マンゴーかき氷
言うまでもなくおいしい。日本のかき氷と違って、溶けても味が薄まらないのが良いです。南国来た!感を味わうには最高の食べ物。縦に長いかき氷なので、食べている途中に崩落事故を起こす確率が高いので、細心の注意が必要です。

注文してから出てくるまでのスピードがやたら早いのも面白い。いったいどんな魔法使っているのだろう。回転率が高いためか、客入りは多いけれど今のところ行列をなしてお客さんが待っているのは観たことがない。

味香園には沢山の種類のスノーアイスがあります。(イチゴ、チョコ、ごま等々、二種のフレーバーにすることもできる。)カラフルでSNS映えすること間違いなし。価格はどのフレーバーも5~6S$前後です。また、スノーアイス以外にも温かいスイーツもあるので再来訪の際は試してみたいと思います。

立地はチャイナタウンのど真ん中、マックスウェルフードセンター徒歩圏内なので、昼食後にチャイナタウンを散策して、休憩がてら立ち寄るとよいと思います。もしくは、意外と夜遅くまで営業しているので夜ご飯の後に行ってもいいかもしれません。(結果、1日2回行くことになる。)

味香園
住所:65-67 Temple Street, Singapore
営業時間:(月-金) 10:30-20:00 (土・日) 10:30-22:00

【行き方】
MRTチャイナタウン駅すぐ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です