【シンガポール】マックスウェルフードセンターは11時台に行くのがオススメ。

「エスニック美食の国」シンガポールのホーカーと言えば、チャイナタウンのマックスウェルフードセンター。
定番ですが有名どころの「天天海南鶏飯(営業時間:10:30-20:00)」と「真真粥品(営業時間:5:00-14:00)」はどちらか1つに選ぶことなんてワガママなことはできませんので、事前に予備の胃袋を準備してどっちも食べましょう。両店をはしごでき、かつあんまり行列ができていない朝11時台に行くのがオススメ。(両店とも売り切れ次第閉店のようです。)
観光客も地元客もいて、シンガポールの活気的なものを感じられます。こういうホーカー街、職場の近くにあったら毎日通うのになあ。(ちなみにマニラにも屋台はありますが、衛生面が不安で行ったことない。)
ホーカーは、物価高騰中のシンガポールのレストランと比較し圧倒的に低価格なのも嬉しいです。

〇天天海南鶏飯有名すぎるチキンライスのお店。The シンガポール過ぎて逆にコメントしづらい。写真の量でMサイズ5S $。ジューシーだけどさっぱりしたチキンは文句の付けようがありません。いつも行列ができているそうですが、11時過ぎだと並ばずに食べることができた。

〇真真粥品
薄味のだしがきいた、とろとろのおかゆが3S$から。おかゆの底に生卵をトッピングできるのですが、コクが加わって美味しいです。(私はお腹を壊したことはありませんが、海外での生卵食用は自己責任でお願いしますね。)
おかゆにふりかけながら食べる魚醬が日本では味わえないさっぱり感で、適度な塩けが味のアクセントになる。初めて食べたときにはっとさせられた感動が未だに忘れられません。

 

マックスウェルフードセンター Maxwell Food Centre
【行き方】
MRTチャイナタウン駅で下車後に徒歩。
駅からの距離でいうとタンジョンパガー駅やテロックアイヤー駅のほうが近いですが、チャイナタウン駅で降りて、スミスストリートやパゴダストリートの中華的な町並みを散策、仏教寺院「新加坡佛牙寺龍牙院」やヒンドゥー寺院「スリ・マリアマン寺院」を見学しながら行くのが楽しいです。まさに絵に描いたような、The シンガポール観光。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です