【ベトナム】Le culbの昼と夜の顔

ソフィテルレジェンドメトロポールのバー「Le culb」はホテルの中庭に位置します。(入り口はヒストリカルウイング側にあります)バイクの喧噪も聞こえてこず、ベトナムというかアジアにいるのが信じられないくらいの穏やかな異空間。白い建物と、中庭の豊かな緑の対比も美しい。ホテルに宿泊しなくても「Le culb」だけ訪れる価値があると思います。のんびり読書するのにぴったり。

昼はカフェとして営業しています。
注文したのは、チャップリンを模したチョコレートサンデー。添えてあるチョコ菓子がステッキですね。チャップリンは新婚旅行でこのホテルに滞在したのだそうです。サンデーにはチョコレートがごろっと贅沢に使われていて、なかなかの食べ応えです。苦めのベトナムコーヒーと一緒に。

アフタヌーンティやホテル自慢のチョコレートを存分に食べられるチョコレートビュッフェも有名とのことで、次回訪れた際は是非行ってみたいです。(今回は連日の暴飲暴食でお腹の限界量を超えてて無理だった(苦笑)。)

夜は雰囲気ががらっと変わって、アップテンポな曲の生演奏が楽しめる陽気な空間。外国人が多く多言語が飛び交っていて華やかな空間です。
飲んだのはチャップリンマティーニ。どの辺がチャップリンなのかはよく分からなかったのですが甘めで度数の強いお酒だったので、添えてあるシャーベットがさっぱりして良い舌休めになりました。

普段とは異空間でお酒が楽しめるのも旅の楽しみ。今までの東南アジア訪問で良かったバーは以下の通りです。私はたばこがすごく苦手なので、禁煙のバーに限ります。

  • ロングバー(ラッフルズマカティ、マニラ)
  • TAP ROOM(マニラホテル、マニラ)
  • レッドピアノ(パブストリート、シェムリアップ)
  • EXPLORER’S TALES(ソフィテルアンコール、シェムリアップ)
  • SKY BAR(トレーダーズホテル、クアラルンプール)
  • そして、今回のLe culb

 

ソフィテルレジェンドメトロポールハノイ(Sofitel Legend Metropole Hanoi)

Le culb ヒストリカルウィング 1階

住所:15 Ngo Quyen Street, Hanoi 10000, Vietnam

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です