【ベトナム】Haka Coffeeでオサレにエッグコーヒー

ベトナムと言えば、コーヒー文化!コーヒー産出量世界2位なだけあってハノイには、至る所にカフェが存在しています。

今回伺ったのは、Haka Coffee。場所はタンロン水上人形劇の裏手。人形劇を観に行った際に、開演を待っている際に入りました。WIFIも使えたので、良い時間つぶしになりました。(水上人形劇場はトイレもあまり清潔でなく待つスペースも少なかったので、周囲のカフェでまったり待って、開演ぎりぎりに劇場入りするのがよいと思いました。水上人形劇は長い歴史を持つベトナムの伝統芸能で、ベトナムの民族音楽も楽しめます。公演時間は50分くらいなので、夕食前にでもさくっと観劇するのをおすすめします。※チケットは事前に要入手(私は旅行会社を利用して手配))店内は、外の旧市街の雑踏がウソのような静かな空間。冷房が適度に効いているので、街歩きで疲れた体にありがたいです。

茶色を基調とし、小物でアクセントをつけたオサレな空間です。地元客よりも観光客のほうが多いのは、旧市街という場所柄からなのかもしれません。

注文したのはエッグコーヒー、55000ベトナムドン。

エッグコーヒーとは、濃い目にいれたブラックコーヒーの上に、生卵と練乳を泡立てたものを乗せた飲み物。他のお店では「カスタードコーヒー」と表現しているところもあった。

エッグ部分は日本のカスタードクリームを泡立てたような味がして、おいしいのですが、少し卵のクセが残っているような感じを受けました。クリームの乗ったウインナーコーヒーのほうが万人受けすると思いますが、旅の話のネタにトライしてみるのも良いかもしれませんね。多分スターバックスではこういう飲み物は出てこないだろうなあ(笑)

なお、お土産でコーヒー豆を買うなら、”ベトナムのスターバックス”とも言うべき、日本でも名の知れているチェーン店のハイランズコーヒー(Highlands coffee)が街中の至る所にあり、リーズナブルで良いと思います。レジでコーヒー豆をミルしたものが赤いパッケージの袋で買えます。ベトナム語で書かれているので、違いが分かりませんが、豆は何種類かあって、それぞれ値段が異なります。

店内ではバインミーやフォーなどのベトナム料理の軽食も食べることができました。(ハノイでは、オペラハウスの横にハイランズコーヒーがあったので、休憩に重宝しました。ベトナムコーヒーを注文すると甘い飲み物が出てくるので注意しましょう。)

 

日本にいた頃はコーヒーを飲む習慣が無かったのですが、東南アジアを旅するうちにどんどん魅了されていった各地のコーヒー文化。コーヒーの味も各地で違うと思うし、コーヒーと一緒に食べるものを知るのも楽しみです。

まだ、「違いを語れる人」の域には達していないので、これからも旅する中で経験を深めていきたいと思います。

 

Haka Coffee

住所:39 Hàng Dầu, Hanoi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です