【ベトナム】ダックキムのブン・チャー

ベトナムの首都、ハノイに行きました。

ベトナムと言えば、ヘルシーでおいしい地元料理。国の北部と南部ではベトナム料理も少し異なるとのことで、(ホーチミンのある南部のほうが全体的に甘い味付けになるとのこと。)今回は北部料理初挑戦!前回ホーチミンに行った際に食べられなかった(というか見かけなかった)ブン・チャー(Bun Cha)を頂きました。ブン・チャーとは、肉(この肉をチャーという。)の入っただし汁にハーブや米の麺(この麺をブンという。)を入れて食べるベトナム版つけ麺のような食べ物。北部ではフォーよりメジャーなのだそうです。

旧市街の外れまで迷いさまよい歩き続け(ハノイはバイクが多く、空気が綺麗とは言いがたいのでマスク着用で街歩きすることをオススメします!)訪れたのは「ダック キム(Dac Kim)」。ブン・チャーの有名店です。ブン・チャーと春巻きを食べて9万ドン程度。

もりもりのハーブともりもりの麺。これで一人分。少し甘めのだし汁にジューシーな肉団子が入っていて、その中に麺とハーブ(パクチー)を入れて食べます。サイドオーダーの揚げ春巻きもだし汁に入れて味に変化をつけながら食べます。

肉団子自体はかなりこってり系なのですが、大量のハーブと一緒に食べることによって中和されて丁度良い脂分に。ハイカロリー摂取する罪悪感も一緒に中和されます。ハーブはクセのあるものは少なかったです。

最初は量に圧倒されましたが、無事に完食できました。ごちそうさまでした。

観光客だけでなく、地元の方も沢山いて混んでいる店内は、旧市街にありがちなローカルちっくな店内です。目の前で店員さんが自分で持ってきたお弁当食べていて、こちらに向かってにこっと笑いかけてくる、だいぶフリーダムな雰囲気(笑)。

日本人の感覚として清潔とは言いがたいかもしれないです。ハーブは火が通っておらず生ですが、混んでいて客の回転率が良いので、お腹は壊さなさそう(笑)。

(ちなみに、ブン・チャーはノイバイ空港内のレストランでも食べることができたので、衛生面が気になる!やベトナム滞在最後に地元料理が食べたい!という方は、国際線出国前4階のレストラン街へどうぞ。4万ドン程度でしたので、残ったベトナムドンを使い切るのにもよいですね。)

ご当地のおいしいものを発見するのは旅の楽しみで、地元客で混んでいるお店は間違いなくおいしいと信じています。

またハノイに行く機会があったら、再訪したいです。というよりは、日本に支店ができたら、毎日通うと思います。

 

ダック・キム(Dac Kim)

住所:1 Hang Manh Hanoi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です